BATONER 公式オンラインストアでは 2018年 秋冬の新商品が入荷いたしました。是非ご覧ください!

CARE

弊社の製品を手に取って頂き、嬉しく思います。
末永くお使い頂けますように、ニットの正しいお手入れ方法をご紹介いたします。

また、一度着たらブラシで汚れを取り、畳んで休ませてあげてください。
お手入れ方法は素材ごとに変わるので、その製品の素材の特徴を知ることも大事です。

※商品毎に素材の混合率が異なりますので、詳しくは各商品ページをご覧ください。

CASHMERE

原料:カシミヤ山羊

  • 長時間の着用は型崩れの原因となりますので1日着たら休ませてください。
  • 着用後は、柔らかいブラシで表面の埃やごみを払い毛並みを揃え、風通しのいいところで陰干しをしてください。 (長時間つるすと型崩れの原因になりますので、できるだけ平干しにしてください。
  • 防虫剤を入れて風とおしの良い場所にたたんで保管してください。

WOOL

原料:羊やアンゴラ、アルパカといった動物繊維のウール

  • シーズン後はドライクリーニングへ出してください。
  • 虫やカビを防ぐために防虫剤を入れて保管してください。
  • 長時間の着用は型崩れや毛玉の原因になりますので、一日着たら休ませてください。
  • しわがついたらあて布をして、スチームアイロンをあててください。
  • 汚れはすぐにとってください。(油性はベンジンで、水性は水洗いで応急処置をしてください。)

COTTON

原料:植物の綿

  • 洗濯機表示の場合はネットに入れて弱水流で洗ってください。
  • シワになりやすいので脱水は短めにしてください。
  • 熱に弱いという性質があり、高温で乾燥させると縮んでしまうことがあります。
  • ハンガー干しにすると伸びやすいので、形を整えて平干ししてください。
  • 手洗い表示の場合は、ぬるま湯につけ、もみ洗いを避けて軽く押し洗いしてください。

LINEN

原料:亜麻

  • 衣類に付属している取り扱い絵表示を見て、洗濯機で洗えるのかドライクリーニングなのかをご確認ください。
  • 蛍光増白剤入りの洗剤の使用は避けてください。
  • 洗濯機で洗う場合は、必ずネットを使用してください。
  • 柔軟剤や洗濯のりを使用すると、ある程度繊維のチクチク感が防げます。
  • 洗濯後は形を整えて、洗濯絵表示通りに日陰の釣り干し、または平干ししてください。
  • セーターやカットソーはねじれが生じることがあります。襟、前立て、脇線、袖下線などのポイントを整えてから干してください。
  • しわがついたら霧吹き後、高温アイロンまたはスチームアイロンをあててください。